生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

感想

no image

考えてること・考えたこと

【雑記】アートの定義のようなもの。

2013/2/27    , , , ,

アート活動およびアート作品は、鑑賞者の理性や論理を飛び越えて、感情や感覚に直接訴えかける可能性と義務を併せ持っている。 つまり鑑賞者が普段の言葉で感想を述べているということは、その作品は責務を果たして ...

no image

感想とか

「まず僕に何かください」という呪い(……内田樹さんの本を読んで)。

2013/1/25    , , , ,

『ひとりでは生きられないのも芸のうち』という内田樹さんの本(文庫版)を読みました。
内容は内田さんが日々更新しているブログ記事を加筆修正したもの。
単行本の発売が 2008 年 1 月(文庫版は 2011 年 1 月)なので少々古い(文章が書かれたときから状況が変化している)と感じる部分もありますが、逆に「普遍的」と感じる部分も多くあります。
書いていることにいちいち「ふんふん」と頷きながら、着眼点の鋭さや語彙の豊富さに驚きつつ、「そういえば最近こういう(自分の考えを深めたり広めたりする)文章を読んでなかったなぁ」ということも思ったりしました。

no image

日記

『VF5FS』の感想などを『VF2』と比較しながらまとめてみる。

どうも。
「傑士」と「強者」を行ったり来たりしてるサラ使いです。

「士」クラスまでは割とすんなり上がれたんですが。
さすがにここら辺まで来ると、なかなか簡単には勝たせてもらえませんねー。

あ、『Virtua Fighter 5 Final Showdown(以下「VF5FS」)』の話です。

ランクマッチの試合数もだいたい 500 くらいこなしたところで、ようやく自キャラ(サラ)の技が分かってきました。
僕としては『VF2』以来の『バーチャ』シリーズ。
(というか、ゲーム自体も十数年ぶりなワケですが)
初めはその違いにかなり戸惑いましたが、ようやく『VF5FS』のシステムや感覚にも慣れてきた感じ。

まだまだ発展途上ですが、ここらで一度僕なりの感想などをまとめてみたいと思います。

no image

日記

劇団飛び道具公演『七刑人』の感想……がまだ書けてない!

2012/6/13    , , ,

もうそろそろ 3 週間が過ぎようとしていますが、5/26(土)に劇団飛び道具の公演『七刑人』を観てきました。
会場は、京都・左京区の「アトリエ劇研」。
その日は昼と夜に 2 回の公演があったんですが、僕は夜(19 時開演)の回に行ってきました。

で、未だにその感想がまとまってない、という状態です。

no image

感想とか

『雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays』を読んでの感想。

2012/5/12    , , , ,

[ブクログに書いた感想の流用です] 良書。 タイトルからして自己啓発的な内容かと思いきや、非常に現実的な経済論が淡々と述べられている。 「経済論」というと学術書のような印象になるから、「経済について著 ...

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.