生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

感想とか

映画『進撃の巨人 ATTACK OF TITAN』&『進撃の巨人 ATTACK OF TITAN エンド オブ ザ ワールド』の感想。

投稿日:

評価:★★☆☆☆

WOWOW(録画)で鑑賞。
見所は巨人の動きくらい。
監督が特撮っぽいことをやりたかったんだろうなぁ、ということはよく分かった。
あとは石原さとみの「こんなの初めてー!」かなぁ。
長谷川博己、國村隼はさすがの演技だけど、むしろその上手さがこの作品では逆に浮いてる。
他の俳優陣があんなだし。
KREVA がチョイ役のセリフ無しってのはちょっと面白かったけど。
ストーリーや世界観には期待しない方が良いと思う。
演出やセリフもかなり(というか常に)違和感があったし。
心理描写も無いに等しい。
CGも微妙。グリーンバックが透けて見える。
という感じなので、粗探しとかせず何も考えずに観る分にはちょうどいいのかも知れない。

前編のラストシーンで「怪物と対峙する者は、自らも怪物にならぬよう心せよ」というセリフがあったのだけど、そのすぐ後に流れた WOWOW の番組予告の中の『ベルセルク』のナレーションが「怪物と戦う者は、自らも怪物とならぬよう心せよ」だった。
偶然とは思えぬ類似。
というか WOWOW の中の人もちょっとは気を使えばいいのに。
他にも一つ『ベルセルク』に出てきた言葉があったような。忘れたけど。
うなじのあたりに人が居て巨人を動かしてるのっては『エヴァンゲリオン』っぽいしなぁ。
最後にミカサがエレンを助けるシーンもエヴァに出てきたような……。
(さらに言うとああいう絵画をどこかで見たような気もする)
まぁ、オマージュってことなんでしょう。たぶん。

-感想とか
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.