生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

感想とか

オリンピックはメダルが命。

投稿日:2012年8月8日 更新日:

皆さん、ロンドン五輪、観てますかー?

男子サッカー、負けちゃいましたねー。残念残念。
まぁ攻撃の形が作れてなかったし、中盤からパスが繋がらなくて取られまくってたし、相手の方が一枚も二枚も上だったかな、と。
あとは気持ちを切り替えて、銅メダルを獲りにいくしかないですかね。

オリンピックって、始まる前は「いや別に興味ないし」だったとしても、始まっちゃうとなぜか観ちゃうし気になっちゃうんですよね。
やっぱり、テレビを初めとするメディアの魔力なんでしょうか。
いくらチャンネルを替えても、ネットのニュースを観ても、オリンピック一色になっていたら、否応無くそっちに持って行かれるのかも知れません。
まー、テレビ局もスポンサーも書き入れ時ですから、色々な意味で一生懸命なんでしょう。
ぜひパラリンピックも、同じくらい取り上げてもらいたいもんです。

今大会は団体戦で良い結果を多く残しているような印象があります。
水泳しかり、卓球しかり、体操しかり、フェンシングしかり、アーチェリーしかり。
逆に言うと、個人戦であまり結果を残せていないということでもありますが……。
男子柔道も団体戦があったら金メダルが獲れてたかも知れないですね。

しかし、結局のところ大事なのは「メダルが獲れたかどうか」なんだということを、つくづく思い知らされます。
どれだけ注目されていた選手であろうと、メダルを逃せばあっという間にそっぽを向かれる。
逆に、どれだけ注目されていなかった選手や競技であろうと、メダルさえ獲ればスタジオに呼ばれて拍手喝采。
いやはや、残酷ですなぁ……。

「徒競走では皆で手を繋いでゴール!」とか「お遊戯会では皆が主役!」とか、そんな教育を受けてしまった子供たちは、ぜひこのオリンピックを通じて少しでも現実に気付いて欲しいと思います。
「何だかんだ言って結果がすべて。勝たなきゃ意味が無い」
「『メダル』という形あるものを獲得することが大事」
あの表彰台は、まわりの人たちを蹴落として、自力で這い上がってきた人だけが登れる場所ですから。
夢の祭典は、世知辛い現実世界の象徴でもあるんですねー。

さてさて、男子サッカーは銅メダルを獲ることができるんでしょうか。
期待しましょう。

-感想とか
-, , , , , , ,

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.