生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

感想とか

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の感想。

投稿日:2015年7月25日 更新日:

評価:★★★★☆

WOWOW(録画)で鑑賞。
まさしく「ハリウッド映画」な感じ。
娯楽と割り切って楽しむには充分。
矛盾とか指摘し始めたらキリがなさげなので、そういう方向のことを考えたら負けな気がする。
「なんかマンガっぽいなー」と思ってたら、原作はライトノベルとのこと。
ツンデレやらドジっ子やらの萌え要素も、ハリウッドの手にかかるとこうなるのか……。
さすがというか、力技というか……。
まぁハリウッド大作で萌え要素バリバリのドタバタ劇が展開されても困るんだけども。
設定とかストーリー展開とかが結構ややこしいので、「ついていけない」と思ってしまったら楽しめないかも。
(無理についていかなくても大丈夫っちゃ大丈夫)
映像については、相変わらず CG がよくできているのと、俳優たちが頑張ってるなぁ、と。
敵(ギタイ、mimics)のビジュアルとか動きとか、戦闘シーンの描き方なんかも含めてどこかで見たような気がしていて、何回目かの戦闘で「あ、『マトリックス』だ」と思い至った。
最後の戦いで突入してくる敵にミフネ隊長たちが一斉射撃するあたりのシーン。
それが思い浮かんでからは、ギタイのウネウネしてる感じがセンティネルにしか見えなくなつた。
ああいうのって、やっぱり似てきちゃうのかなぁ。

-感想とか
-, , , , , ,

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.