生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

感想とか

映画『探偵は BAR にいる 2 ススキノ大交差点』の感想。

投稿日:

評価:★★★☆☆

テレビ放送(録画)で鑑賞。
嫌いではない。
面白くないことはない。
ストーリーはちょっとムリヤリ感が強い気がする。
中身よりも「予想外の展開」そのもの(悪く言えば「騙す」こと)に主眼が置かれているというか。
「思い込みには気を付けないとな」とは思った。
会話のテンポとか間の取り方とかが(僕には)気持ち悪かった。
尾野真千子の大阪弁がかなり不自然。
どういう意図で標準語と使い分けてるのかも不明。
「ここぞの場面で思わず出ちゃう」という演出でもなさそうだし。
出身が大阪じゃないから純粋な大阪弁じゃない、という理由付けは一応できるけど、そこまで考えてのことかなぁ。
バイオリンを弾くシーンで弓の動きがずっと一定だったけど、そこはもうちょっと工夫してほしかった。
篠井英介のオカマっぷりはさすがというか何と言うか。

-感想とか
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.