生まれも育ちも神戸。現在地は大阪・中崎町。座右の銘は「愉快」。

コバヤシのブログ

痴漢

no image

感想とか

痴漢事件について思うこと。

2012/5/2    , , , , ,

Twitter でこういう記事が回ってきました。
»痴漢とされた男性に無罪 防犯カメラの映像分析で「不可能」証明 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
 判決理由で白石裁判官は、コンビニに設置された防犯カメラの映像について説明。カメラはコンビニ前の歩道を写しており、最初に男性が同店前を横切り、その後、自転車の女性が同じ方向に進むのが写っていた。女性が映像から消えた1秒足らずの後に再び戻ってきた男性が写っていた。

 女性が体を触られたとする場所はそこから約6メートルあり、白石裁判官は「1秒足らずでその距離を移動するのは不可能。女性の供述は客観的事実と食い違っている」と述べた。

防犯カメラの映像が決め手になったってことは、逆にいうと、この映像がなかったら有罪になっていた可能性が高いということ。
つまり「無罪になれてラッキー」なんですよね。残念ながら。

普通に考えて「自転車で通行中の女性の体を(歩行中の男性が)触った」っていう状況自体が不自然だと思うんですけど、それは裁判中にどう争われて、どう判断されたんでしょうか……。

Copyright© コバヤシのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.